ブロッコリーの育て方

■■■ ブロッコリーの育て方 ■■■

<野菜別栽培方法:ブロッコリー>

※中部地方太平洋側(夏:暖地 冬:中間地)基準です。
栽培カレンダー_ブロッコリー

ロゴ_野菜紹介
アイコン_ブロッコリー <野菜科目> アブラナ科
 <参考価格> 種1袋で250円前後
 <栽培適温> 15~20℃

アブラナ科一年草で地中海沿岸部原産。
頭にできる大きな蕾だけを収穫する「頂花蕾型」と、頂花蕾の後に一口サイズのブロッコリーが複数採れる「頂花蕾側花蕾兼用型」がある。
兼用型の方が収穫を長く楽しめるのでお勧めです。
ねっこの畑では兼用種の「緑嶺」を育てています。
出回るようになって間もない「スティックセニョール」はブロッコリーを品種改良した物で茎ブロッコリーと呼ばれています。

ロゴ_連作障害
連作にやや弱い。
1年はアブラナ科を作っていない所で育ててください。
アブラナ科はキャベツ、白菜、大根、ブロッコリー、カリフラワー、カブ、小松菜、水菜、チンゲンサイなどなど種類が多いのでご注意を。
→ 野菜科目一覧へ

ロゴ_土作り
<適正pH> 6.0~7.0
2週間前に苦土石灰を普通に(目安:100~150g/m2)。
1週間前に元肥をやや少なめに。
陽当たりと水はけの良い場所を選んでください。
1株あたりの必要スペースが大きいので株数と相談して場所決めを。

ロゴ_種蒔き・定植

ブロッコリー種

<種蒔き時期> 春蒔き:1月下旬~2月中旬  秋蒔き:7月下旬~9月頭
<株間> 40~50cm前後
本来の種蒔き時期は7月下旬~9月頭の夏秋蒔きです。
品種によっては冬春蒔きも可能。
ただし涼しい気候を好むので春蒔きの場合は収穫期間がかなり短くなってしまいます。
夏秋蒔きでは暑すぎる時期、冬春蒔きでは寒すぎる時期に種蒔きすることになるので、ポット蒔きをして手元で温度管理しながら苗を育てます。
1苗70円前後で購入できるので株数が少ないなら苗購入でもいいでしょう。

ブロッコリー発芽

適度に育ったら畑へ定植。
春蒔きの場合は黒マルチで保温します。
また定植したらすぐに寒冷紗をかけてください。
害虫被害に遭いやすいアブラナ科野菜なので害虫対策が必要になります。
暑さに弱いため夏蒔きの場合は暑さ対策も。

ブロッコリー定植

ロゴ_追肥・水やり
追肥は定植1ヶ月後に1回。
追肥の際には株が倒れないよう土寄せもしておきます。
頂花蕾側花蕾兼用型の場合は、頂花蕾を収穫する時にも軽く追肥すると側花蕾の収量が増えます。
水やりは普通に土が乾いたらやる程度で。
頂花蕾が見え始めたら少し水やりを増やします。
ただし過湿にはやや弱いので注意してください。

ロゴ_栽培管理

秋野菜途中経過ブロッコリー

・支柱立て
ブロッコリーは生長すると60cmぐらいの高さになります。
茎も太くなるので自立可能ですが、強風の心配がある場所では支柱を立てた方がいいでしょう。
株元から少し離れた位置に支柱を立ててください。
あまり近すぎると頂花蕾が育つ時に邪魔になります。
また、茎がどんどん太くなっていくので生長に合わせて何度か縛り直す必要があります。
↓は収穫終盤の茎。

ブロッコリー茎

ロゴ_収穫

ブロッコリー収穫

<収穫時期> 春蒔き:5月上旬~6月上旬  秋蒔き:11月中旬~翌年3月上旬
頂花蕾の大きさが12cm前後になったら収穫時。
頂花蕾の根元からばっさり切り取ります。
あまり収穫が遅れると花が咲いてしまうため収穫時期に要注意。
その後は側花蕾が次々に伸びてくるので、一口サイズになったらその都度こまめに収穫します。
真冬は収穫が止まりますが春になるとまた側花蕾が出だします。
鮮度の低下が早いので収穫後は早めに食べてください。
↓は頂花蕾収穫後に出てきた側花蕾。

ブロッコリー側花蕾

ロゴ_その他
・カリフラワーとの違い
ブロッコリーとよく似てるのがカリフラワー。
この2つの違いは何でしょう?
どちらもキャベツの仲間で元々同じ野菜の色違いと扱われていたようです。
キャベツが品種改良されてブロッコリーが生まれ、ブロッコリーの突然変異でカリフラワーが生まれたんだとか。
歴史的にはブロッコリーがお姉さんですね。

生長の仕方で区別すると蕾が出来てから茎が伸びるのがブロッコリー、茎が伸びてから蕾が出来るのがカリフラワーと区別できるようです。
市場で見かけるのは白いカリフラワーがほとんどですがオレンジや紫の物もあります。
上記の通り近縁種なのでカリフラワーも育て方は同じ。
ただしカリフラワーでは側花蕾は収穫できません。

ブロッコリー変色

・紫ブロッコリー
通常緑色しているブロッコリーですが冬場になると紫色の物が出てきます。
これは寒さにあたったため。
低温になるとアントシアニンが表面に出てきて変色するようです。
食べても問題無く味も変わりません。
というか茹でれば緑色に戻ります。

ブロッコリー鳥害

・鳥害注意
冬が過ぎて春が近付くと鳥にも狙われるようになります。
頂花蕾や側花蕾が食べられることはあまりありませんが、葉を食べられてしまいます。
鳥害が出たら寒冷紗や不織布で覆ってガードしましょう。

ロゴ_害虫・病気
<害虫>
アブラムシ、コナガ、アオムシ、ナノクロムシ、ヨトウムシ、キスジノミハムシなどアブラナ科全般を狙う害虫群が付きます。
害虫対策をしないとすぐに葉がぼろぼろにされます。
寒冷紗等の害虫対策をしてください。
→ 害虫図鑑へ

<病気>
軟腐病、べと病、黒斑細菌病など。
過湿に気をつけて雨による泥はねを防止します。

※あくまでねっこ流の育て方です。
プロ農家ではないので間違ってても笑って許してね!




↓ お役に立てましたら応援クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

黒マルチをして定植しました。ひと月が経つたので、追肥と土寄せをしたいのですが、このときマルチは外すのですか?すいません、今まではマルチをしていなかったので。初心者ですいません。

No title

>>六吉さん
私は株の4隅に支柱で小さな穴をあけてそこへ肥料を入れています。
土寄せは植え付け時に少し低めにしてあるのでそこへ土を入れる程度ですね。
本当はマルチをめくって追肥と土寄せが一番ですが、手間がかかるのでこうしています。
家庭菜園こんてんつ
■始めよう家庭菜園
  ・家庭菜園のすゝめ
  ・我が家の畑紹介
  ・マイ畑を作ろう!
  ・畑の条件とは?
  ・必要な道具類
  ・デビュー野菜選び
  ・野菜が育つまで

■野菜別栽培方法
  ・アスパラガス
  ・イチゴ
  ・枝豆
  ・オクラ
  ・カボチャ
  ・キャベツ
  ・キュウリ
  ・小松菜
  ・さつまいも
  ・里芋
  ・さやえんどう
  ・椎茸
  ・ししとう
  ・シソ
  ・ジャガイモ
  ・生姜
  ・スイカ
  ・大根
  ・タマネギ
  ・とうもろこし
  ・トマト
  ・ナス
  ・ニンジン
  ・ニンニク
 ↑New!! 2013,10,22
  ・白菜
  ・ピーマン
  ・ブロッコリー
  ・ほうれん草
  ・山芋
  ・落花生
  ・レタス
  ・ワケギ

■野菜作りの基礎知識
  ・連作障害
  ・酸性度
  ・
  ・肥料
  ・接ぎ木苗
  ・ビニールマルチ
  ・害虫図鑑
  ・野菜科目一覧

■目指せ節約菜園
  ・米の副産物
  ・籾殻燻炭
  ・籾殻堆肥
  ・ペットボトル風車
  ・ペットボトル活用
  ・ストチュウ(自然農薬)
  ・

■小ネタ
  ・モグラ対策
  ・ワラビ or ゼンマイ
  ・もやい結び
  ・白菜漬け
  ・タマネギの縛り方

家庭菜園の本
うちの畑も6ページにわたって紹介されてます。

家庭菜園マニュアル春夏編。初心者の最初の一冊に。

家庭菜園マニュアル秋冬編。春夏編とセットでどうぞ。
リンク集
チャレンジ野菜・果樹 2013
― 全53種類予定 ―

[一年野菜]
  イチゴ
  枝豆
  オクラ
  かぼちゃ
  キャベツ
  キュウリ
  ゴボウ
  小松菜
  さつまいも
  里芋
  さやえんどう
  ししとう
  シソ
  生姜
  正月菜
  スイカ
  スナップえんどう
  ジャガイモ
  ソラマメ
  大根
  タマネギ
  チンゲンサイ
  唐辛子
  とうもろこし
  トマト
  ナス
  ニンジン
  ニンニク
  ネギ
  白菜
  パプリカ
  ピーマン
  ブロッコリー
  ほうれん草
  水菜
  ミニトマト
  メロン
  山芋
  レタス
  ワケギ
[多年野菜]
  アスパラガス
  椎茸
  なめこ
  ニラ
  ひらたけ
  ミョウガ
[果樹]
  キウイ
  巨峰
  梨
  ハッサク
  ブルーベリー
  みかん
  ユスラウメ
ブログ内検索
畑マップ
見取り図ver010
風景記録
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク
全タイトルを表示
プロフィール

ねっこ

Author:ねっこ

アクセスカウンター
RSSリンク
QRコード
QR
ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ